Aレコード取得 (IPv4 address)

NSレコード取得 (Nameservers)

MXレコード取得 (Mail exchange)

AAAAレコード取得 (IPv6 address)

CNAMEレコード取得 (Canonical name)

TXTレコード取得 (Text records)

取得結果 [Whois]: ec2-18-212-120-195.compute-1.amazonaws.com
ec2-18-212-120-195.compute-1.amazonaws.com IN A 18.212.120.195
レコードTYPE 意味 DNS定義ファイルなどでの定義例
Aレコード A(Address)レコードは、IPv4でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。 (ドメイン名) IN NS dns.sub.example.com.
AAAAレコード AAAAレコードは、IPv6でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。 -
CNAMEレコード CNAMEレコードは正規ホスト名に対する別名を定義するレコードです。
特定のホスト名のDNSレコードについて、別のホスト名のレコードを参照させる時に利用します。
www IN CNAME backup1.example.com.
MXレコード MXレコードは、対象ドメイン宛のメールの配送先(メールサーバ)のホスト名を定義するレコードです。 (ドメイン名) IN MX 10 mail.example.com.
NSレコード NSレコードとは、ゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名を定義するレコードです。

(ドメイン名) IN NS dns.sub.example.com.

TXT(SPF)レコード TXTレコードは、ホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコードです。
送信ドメイン認証の認証情報などを記述します。

www IN TXT "Please Dont Touch Me"

ex. google.com | facebook.com | yahoo.com | amazon.com | apple.com | twitter.com | yahoo.co.jp | rakuten.co.jp | google.co.jp